ロングパットを2打で④ | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

「ロングパットを2打で③」に続きます。

 

ーーーー

ラウンド後の反省パット練習

 

次のゴルフに活かすためにカップに対して正対して打つ

 

肩のラインをターゲットに向けて構えるより、体をカップと正対させた状態の方が距離勘(原文は感)を合わせやすい。

 このドリルでおさらいし、距離ごとのボールスピードを確認する。

 

このときに手を絶対に使わないこと。

右肩からヘッド迄を振り子のように使う(*1)。

 

これがラウンド後の反省練習として効果的。

ーーーー

 

*1:振り子式と言っても、普通手を使う方が多いです。

   このドリルは肩でストロークする効果があります。

 

左腕でもやると良いですね。距離勘は右腕で得られますが、ストロークの再現性を高める練習には最適です。

 

いつもご協力頂き有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。