ロングパットを2打で② | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

「ロングパットを2打で①」に続きます。

 

ーーーー

1mも10mも同じテンポで

 

打ちたい距離によってスピードを変えるのは難しく思えるが、それは基準がないから。

1mでも10mでも小名j店舗でストロークすると良い。

パットが苦手な人はまずは80ビートから。

 

テンポを一定にしてストロークするためには

①グリップとヘッドを一体化してストロークする

  グリップエンドを支点にして動かすのはNG。

②トップからフォローまで一気にストロークする

  初速を出すためにドン!と打つのはスピードを制御できないのでNG。

  トップからフォローまで等速でヘッドを動かし、その中間点にインパクトがあるイメージが良い。

 

距離に関わらず常に同じテンポでストロークすることが距離勘(原文は感)を合わせる秘訣。同じテンポの中でヘッドスピードを上げてボール初速を上げようとすれば、自然に振り幅が大きくなる。

ーーーー

 

この記事にもありますが、今はメトロノームのアプリがあるので身近にその機能を使えるので便利ですね。

ボールを打たなくても、パターの素振りでテンポが一定になるようにするのが良いと思います。と言っても、人はそれぞれ固有のテンポを持っているので、無理にビートを合わせるのではなく、自分のビートでいつもストロークできるようにするのが良いのではないでしょうか。

 

いつもご協力頂き有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。