ロングパットを2打で① | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

長いパットを2打で上がれたら、ストレスのないラウンドになります。

セカンドパットがストレスゼロになるロングパット術という解説記事がありましたので、略して引用させていただきます。

引用元は「週刊ゴルフダイジェスト」(2019年NO.38)、解説は澤田繁典さんです。

ーーーー

ボールのスピードを知れば楽々寄せられる

 

先ずはどれくらいのスピードでボールが転がるかを知るのが第一歩。

 

10mのパットの初速をイメージする。

(パットして)転がるボールのスピードに合わせて歩いてみる。

10mのパットの場合、インパクト直後はどのくらいの勢いで転がるか。

実際に歩いてみると想像以上にスピードが出ていることが分かる。

 

その初速を出すには、ヘッドを速く出さないといけないということが分かる。

なので、距離勘(原文は感)を磨くには、まず「スピード」を意識することが大切です。

ーーーー

 

カップ近くのボールは急激にスピードが落ちます。

普通は、このスピードはイメージしやすい(特に速いグリーンの場合)ですね。これに引きずられて初速のイメージが狂ってくるのではないでしょうか。

昨日の「まずは手で転がす」イメージでやると、初速のイメージも掴みやすいと思います。

 

いつもご協力頂き有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。