太平洋マスターズ最終日 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

アマランキング世界一ですし、良いプレーをしているなと思っていましたが、まさかこの大一番で優勝するとは想像できませんでした。

金谷拓実さんが混戦を最終ホール◎としてV。

 

 最初に驚いたのは、彼のショットの距離勘のよさ。クリーンにボールを捉えているので、意図したとおりの高さとスピンで、狙い通りのピンポイントにボールを運べるのだな、感心しきりでした。

 

S・ノイスに1打リードを許し再逆転は無理なのかなとの不安もよぎりましたが、そのノリスが#17(パー3)で△。これで並んで互角。

 #18(パー5)では、2打目を左≒7mにONして◎チャンス。

 ノリスは奥にこぼしてパターで右上≒1mに乗せて〇チャンス。

 

金谷さんはこれを強めに真ん中から決めるんですから驚き◎。こういうところの勝負強さも持ち合わせているんですね、流石に世界アマチャンプ!

ノリスはこのパットを決めて〇。

 

金谷さんは-13。

2位はノリス-12。3位はY・E・ヤンの-8。

4位は堀川未来夢の-6でした。

 

プロ競技でアマのVは倉本昌弘、石川遼、松山英樹に次いで史上4人目だそうです。

将来「松山選手と同じ舞台に立ちたい」と。PGAtour参戦ですね、期待しています。

頼もしい金谷さんの米ツアーでの活躍を楽しみに応援していきます!

 

で、金谷さんのパット。

浅めのクロスハンドが特徴です。

ダボチンガーさんと同じです→「金谷@マーク」

お二人の唯一の違いは、左手の人差し指を伸ばす(金谷さん)のと、この指を伸ばさないで普通に握る(ダボチンガーさん)ことだけです。

 

このグリップは、左手首を捏ねにくいので方向性が良くなり、右手の平で距離勘を作るという狙いがあります。

 

私も以前、クロスハンドを5年間くらいやりましたが、長いパットの距離勘がもう一つだったので、宗旨替えをして今に至っています。

あ、その時は金谷流(左人差し指を伸ばしてグリップに沿える)でした。

 

S=13.75feet、C=24

 

いつもご協力頂き有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。