実戦に役立つ練習2 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

アヤコさんこと岡本綾子は「狙ったところへ打ててますか?」(*1)という言葉を使われます。

 パット練習道具を使って、狙い通りのところに打てても、現場で狙っているところへ打ち出せなければカップインは望めないわけですから、アヤコさんの言葉は至言です。

 

そういう意味で「実践に役立つ練習1」は、狙い通りのところへ打ち出せる、いわば総合練習になります。手前味噌ですが、これが日頃なかなかRND出来ない私には効果的な練習方法と言えますので、皆様にもお役に立てると思います。

 

練習熱心なのに、現場ではそれが生かし切れていない方には、この練習方法が結果につながると思います。

 

それでも、出来ているスキルが劣化するのがゴルフだと思います。

私の場合は、次のような劣化が起こりました(多分これからも間違いなく)。

1.手打ちになる。 

  肩の上下動によるストロークは腕と手も一体でここは動かさない(捏ねない)のが、再現性を高めるために必須ですが、気が付かないうちに、これが甘くなってくる。

 

2.フォームの狂い(アドレスの向き)

  これも気が付かないうちに、右を向く癖が出ます(私の場合)。

カップ方向を見た後に改めてフェースをセットするときに、左肩が前に出やすいのが私の癖で、直したつもりでも、時々顔を出します。

 

3.フォローでの右手首のリリース

  これも、右手首の(甲の角度)はフォローでも、絶対にリリースしてはいけないですね。ところがしばらく前にこれが緩んでいました。これは初めて出たので気づくのに少し時間がかかりました。

 これは、右手首を意識するよりも、右掌の向きを変えずに、と意識したほうがやりやすい方もおられると思います。

 

しかし「実践に役立つ練習1」を続けていると、その微妙な狂いにも気づかせてくれますので、現場に出て自信を持ってパット出来ることになります。

 

*1:狙ったところへ打てていて入らなかったら、その原因はラインの読み違いか、距離勘のミス、或いはグリー上の不確定要因(ゴミなど)ということになります。ある意味それは他責として位置づけられるので、ストレスになったり、ストロークのスキルを疑うことは不要になります。

 

いつもご協力頂き有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。