平和PGM最終日 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

前日首位に立った崔虎星がこの日も4打伸ばし(4〇ノー△)て逃げ切りました(-14)。

2打差の2位は今平周吾。

更に1打差の3位にS・ノリス、D・ペリー。

 

決め手は、ともに-13で迎えた#17(パー4)。

今平は上り下りの≒10mの距離勘を作れず、下り≒2mを残してしまい(今平にしては珍しい!)これを決めれずに3パットの△(-12)。

崔虎星は≒5mの下りのスライスを決めて〇(-14)。

 

「最終日はメンタルのゲームになる」とのトラさんの予言通りの展開で勝負を決めましたが、最たるメンタルゲームのパッティングで勝負を決めるとはすばらしいメンタルゲーマーですね!

 

崔虎星は昨年のCASIO(→「CASIOワールド選手権2019」)に続きJGTOツアー3勝目です。

ツアーで勝利する前は、彼のスイングは変則とか否定的に言われてましたが、今はそれを誰もが認めています。もともと「体が硬いので、最大限のパワーを出すために」(ご本人)やっているそうです。

 藤田寛之も「ゴルフは理屈じゃない!」とも仰います。

 

崔のパットは変則ではありません。

フォローでご本人の気持ちがボールに乗り移るかのような仕草で驚かされますが、、、(笑)。

それに、ショットもそうですが、崔虎星はイメージ力が卓越しているように感じます。なので、それがあのエンタテイナーのような動きにつながっているのではないでしょうか。

 

この試合、出色のパフォーマンスは出してないです(平均パット数=1.7200でランク12位)がパーキープ率はランク1位(93%)。

最終日にノー△というのもメンタルでの勝負を象徴しているように思います。

 

今平周吾はこれで今季2位が5回!(Vは1回)でトップ10フィニッシュは12回、これも凄い力だと言えます。今週の三井住友VISA太平洋マスターズにも多くの飛ばし屋相手にどんな戦い方を見せてくれるのか、期待しています。

 

これで、今年もJTカップ出場ですね、トラさん。

何ホールか追っかけさせていただきます。

 

いつもご協力頂き有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。