上体の起き上がり | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

JLPGAツアー参戦2戦目の脇元華。

三菱電機Lではスタート前に熱心にパット練習していました(この試合、残念ながら予落でした)。

 

ビデオでストロークの動きをみたら、という記事を見つけましたので、略して引用させていただきます(原典は「週刊パーゴルフ」2019年NO.29)。

 

ーーーー

自分のパッティング動画で

上体の起き上がりに気が付いた

 

ずっと3パットに悩んでいて、インスタつながりで谷原秀人さんに相談したら、「パットの動画を送って」と言われたので、撮影して送りました。

 そこで初めて自分のパッティングを見たんですが、上体が起き上っていることに気付きました。

 もちろん谷原さんにもそこを指摘されたので、頭の位置を一定にキープし、上体が動かない練習をしたら距離勘(原文は感)が合うようになったんです。

ーーーー

 

パットに限らずショットでも同じですよね。ショットだとこれがスライスのボールになるので、誰でも気が付きやすいです。

 しかし、パッティングでは極端にスライスというような転がりはないので、その原因が掴めにくいです。

 私は時々動画撮影を頼まれます。

動画をお届けする場合は、スマホのスローモーション再生のアプリも紹介するようにしています。Easy Slow Movie Playerというアプリで、これは「ミッシェルのパパ」さんから教えて頂いたものですが重宝しています。

 

え、私の動画ですか?!

原則として撮りません。自分で見たら、多分蝦蟇の油が出るくらいでしょうから(笑)。

 

いつもご協力頂き有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。