上田 桃子の | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

「右足一本立ち」に続きます。

上田は続けて次のようにおっしゃいます。

 

ーーーー

パッティングで気を付けているのは、ラインを決めて、そのライン上のバールから10~20cmほど先にスパットを作り、そこに打ち出せればいいと考えている。

 スパットに対してフェース面を合わせて、ボールとスパットを結ぶラインに目線も合わせる。スパットに打ち出せれば、狙ったところに打ててラインに乗る。20cm程度だったら、真っすぐに打ち出すことは難しくない。

 

遠いところにスパットを作ると、体が起き上ったり、その方向へヘッドを動かそうとしてフェースが開くなど、出球がズレ安くなる。

 

ストローク中、気を付けているのは、下半身を動かさないこと。

テークバックでヘッドを目で追うと体が右に動きやすいように、テークバックでヘッドを目で追うと体が右に動きやすいように、目線が動くと体も動く。

私は、ストローク中、ヘッドは目で追わずにボールを見ている。

ーーーー

 

パットの基本を忠実に守っているということですね。

でも、こういうことはプロの口からは滅多に出てこないことなので、引用させていただきました。

 

いつもご協力頂き有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。