右手首の角度 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

アプローチでは、フォローでも手首の角度を保つように強く言われてますが、パットではあまり強調されていないですね。

 

先日、TVで藤田寛之のパットを見ていて、何となく違和感を感じました。私のイメージと違う感じがしたからです。

 

暫くして気が付いたのが藤田は構えた時の①右手首の角度が小さい(手首を甲側に大きく曲げて)ことと、②インパクトからフォローにかけてこの角度を変えない(手首をリリースしない)と思います(Green Keeper本人比)。

 

なので、藤田のフォローの時の手首の角度をイメージしながら、宅練で試してみました。

方向性が良くなる(というか、狂わない)ように思います。

これって、人体構造とストロークの組み合わせを考えると納得できますので、良いことは真似ます(笑)。

 

肩のストロークを意識していて、フォローでの手首の甘さに気が付かなかったのではないか、と反省です。

藤田はパットではフォローが大切と仰いますが、手首のことは触れていません。ひょっとしてこれが秘訣(企業秘密?)なのかも、ですね。

この右手首の角度を保つように朝練を続けたいと思います。

 

いつもご協力頂き有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。