脇を締める | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

新垣比菜は脇を締めて打つことでストロークが安定するとおっしゃいます。

「週刊パーゴルフ」(2019年NO.24)から引用させていただきます。

 

ーーーー

パッティングでワキを締める意識を強く持つことで、手先を使わずに狙ったところへ打てるようになった。

 ワキと言っても右ワキだけを締める、左ワキだけを締める、両ワキを締める、の3パターンがあるが、その日によって感覚が違うので、よりいいものを選んでいる。

(サントリーLopen2019の初日は)右脇だけを締める意識でパッティングが良かったと思う。

ーーーー

 

この試合は3位Tでフィニッシュでした。

今年はベスト10フィニッシュは6回ありますが、予落も8回。

安定したゴルフをファンは望んでいると思います。

 

脇を締めるということは昔から言われてます。

ポイントは両脇を締めるという意識よりも、腕を胸の前にしてグリップするということではないでしょうか。こうすれば、自然に両脇が締まります。新垣のように3つもあると却ってフィーリングが出にくいかも、です。

 

いつもご協力頂き有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。