名人のツボ① | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

「本当は教えたくなかった僕だけのツボ」という記事がありました。

「月刊ゴルフダイジェスト」(2019年4月号)から一部を引用させていただきます。

 

ーーーー

日本ミッドアマを昨年制した豊島豊さん(通算2回目)は距離勘(原文は感)を出すには等速のストロークが大切と仰います。

 テークバックとフォローを等速に振ることでリズムよく、いつも同じ感覚で打てる。

 

ポイントは

1.両肘の内側を正面に向ける

 アドレスでは、重心が腹筋辺りにあるイメージで、両肘を正面に向けてかまえ、揺り篭のようにストロークする。

 手先を使わずヘッドを低く、低く、出していける。

 

2.距離によって体重配分を変える

 通常は5:5の体重配分。

 ロングパットは左6:右4。

 ロングパットはヘッドが上がりやすいため、左体重でフォローを低く出してゆく。

ーーーー

 

体重配分を変えるとは面白い素晴らしい発想ですね。

でも試してみると確かにフォローが低く出しやすいです。

 

いつもご協力頂き有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。