右手を使う | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

時松隆光はフォローで左ひじを抜くという独特なストロークをします。

「左ひじロック」と対照的です。

 

時松ご自身がどんな意識でパットしているか「週刊ゴルフダイジェスト」(2019年NO.29)から略して引用させていただきます。

 

ーーーー

右手の感性ビンビンで

 

テンフィンガーは利き手(右手)を使ってボールを転がす。

 

テンフィンガーは右手の感性を一番使える握り方。利き手である右手を積極的に使って転がす。ボールをトスする感じと同じ。

 

下から上にヘッドを動かす。

 ボールに順回転をかけるように、下から上にヘッドを動かす(*1)。

フェースローテーションはほぼゼロ。

ーーーー

 

利き手である右手を活かすのが距離勘は一番よくなりますが、弊害はここ一番の緊張場面で右手(というか手先)を使いすぎてしまうことがあります。

 

*1:これをやるために時松はフォローで左ひじを抜いています。

   ストレートな軌道を得るためには効果的ですね。

 

JGTO通算3vの時松は今季2位T2回、4位T2回でマネーランク13位と快走中です。パット不調に悩んでる方は、時松のようなストロークを試してみるのも価値あるのではないでしょうか。

 

いつもご協力頂き有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。