手首をロックして | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

現在賞金ランク5位の穴井 詩。

今季は「NEC軽井沢」で優勝していますが、これまで予落も5回。

 

そんな頃の穴井の気づきです。

「週刊パーゴルフ」(2019年NO.20)から省略して引用させていただきます。

ーーーー

ボールに近づいて構え、手首をロックして肩でストローク

 

パットで狙ったところへ打てずに2試合連続予選落ち。

アドレス時の前傾角度が深すぎたので5~6cmほどボールに近づき、上体を起こして構えたらストロークがスムーズになった。

 

また、手首を使って打っていたので、アドレス時の右手首の角度を変えずに肩でストロークするようにしたら距離勘(原文は感)も合うようになって結果が出せた。

ーーーー

 

その直後にサロ杯で単独3位でのフィニッシュ、そしてその後ではNECでVという復調です。

 パットの調子を戻すには、本来の自分のストロークが再現できているか、をチェックすることが第一にやるべきことですが、大概は微調整の範囲です。

 

穴井は5~6cmもボールに近づくという荒療治をやったわけですが、上手く結果につながりましたね。

でも、それ以外のところは本当の基本に戻ったということです。

 

荒っぽかったパットですが、ここ数年はパットが上手くなったという印象があります。

 

我々も長く続けているとストロークは微妙に劣化します。

ご用心!

 

いつもご協力頂き有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。