渋野のドリル | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

「腹筋で打つ」に続きます。

 

ーーーー

渋野日向子がやっている3つのドリルが紹介されています。

 

1.早朝ロングパット

  朝一に7m、12m、15mの距離を直径1mの円に入れる。

 

2.1m間隔の連続イン

  1mから1m間隔で5mまで連続してカップインさせる

  最後の5mの緊張感は「ハンパない!」そうです(*1)。

 

3.(仮想)9ホール

  50cmずつ距離が長くなる、9ホールのパット練習

ーーーー

 

*1:最後の5mではプレッシャーがかかりますよね。

   その気持ちよくわかります。

 

私(Green Keeper)はカーペット上の朝練で、5m先の任意の位置に置いたボールにボールを当てるのを日課の1つにしています。

 これは、日ごろから自分の固有距離勘を作り込んでおくうえで大切です。それに、これをやると微妙なストロークの修正が出来ます。狙いが正しいこと、ストロークの再現性が良いこと、距離勘が良いことが求められますので、現場ですぐに役立つ実践的な練習と言えます。

 

いつもご協力頂き有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。