腹筋で打つ | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

昨日の「キャップの鍔を動かさない」に続きます。

 

ーーーー

片手打ち練習で腹筋で打つ感覚を養う

 

右手一本(パターを握る)の不安定な状態にすることで、腹筋などの大きな筋肉を使ってストロークしないとヘッドが揺れてしまうことが分かる(この場合は左手は右胸に当ててストローク)。

 ライン後方にいる人に(腹に回した)左手を握って貰いながら、右手1本でストロークする。体が少しでも動いてしまうと、手が引っ張られてしまう。

フォローでは上体が捩れるので、手打ちを防ぐ効果がある。

 

(左手でやる場合は、右手を左胸に当てて)

上体が主役になり、腕とクラブを連動させる。

 

パットのボール位置確認法としては、左眼の位置からボールを落として確認すると書かれています。

 落ちたボールが当たる位置が渋野の正規の位置なのか、それとも少し左なのかは書かれていません。多分、左眼の下(落ちてくるボールが当たる位置)なんでしょうね。

ーーーー

 

プロはアプローチの練習で、右手一本握りや、左手一本握りで練習してますね。

パットでも、最近は片手でストローク練習しているのを見かけるようになりました。あ、これは渋野の全英女子OPENのV以前から、皆さん取り組んでいます。

 

いつもご協力頂き有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。