突っ立ちアドレス | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

先週プロ初Vの柏原明日架→「ミヤギTV杯2019」

パットのアドレスが棒立ちのように感じました。

これって、誰かに似てるなと思って調べてみました。

 

永井奈都。

ツアー1勝していますね→「マンシング東海2012」

 

その時に独特のストロークをしているとUPしました。

ご本人は「突っ立ちアドレス」と仰っていて、これがパットだけじゃなく、アプローチからフルショットまで、そしてドライバーを振るにもアドレスは同じという徹底ぶりです。

 

高い姿勢からのストローク。

パットからドライバーまで、クラブを振るのではなく、クラブに振られるという感覚でスイングするそうです。

自然体ですね。

 

そのせいでしょうか。

永井奈都はGLPGAツアーでホールインワンを5回も達成しています。

 

最近、腰痛を感じるGreen Keeperですが、この棒立ちアドレスは腰への負担が少なくなるように感じます。

 早く現場で試したいのですが、月末までお預け。

 ひょっとすると、ラウンド出来ないストレスが腰痛の原因かも(笑)。

 

いつもご協力頂き有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。