きっと入れてくる! | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

と、プロ仲間から思われているプロは誰?という記事がありました。

「週刊ゴルフダイジェスト」(2019年NO.2)から省略して引用させていただきます。

プロが谷口徹について、どのようなイメージを持っているかの記事です。

 

ーーーー

最後はパッティング。

プロの世界では、何と言ってもグリーン上の戦いが勝敗を分けるだけに、超シビア。

プロの仲間からは(谷口について)「どこからでも入れてくる」、「あんなに強く打てるのがさすが」との声が聞こえてくる。

 

ご本人は「とにかく芯に当てること」、「体がブレたらミスヒット」と仰ってます。

そして「スタンスの向きや体の向きはあまり気にしない。

ただ1点だけ、体を左右にブラさずに打つことだけに集中している。

そうすれば、パターの芯でとらえられて、球の転がりが良くなる」と仰ってます。

ーーーー

 

小田孔明のように谷口から徹底的に学ぶのも上達の秘訣ですね

「谷口を徹底観察」

 

因みにこの記事では

2位は谷原秀人、3位は石川遼でした。

 

いつもご協力頂き有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。