小平智のパット理論 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

ご本人が試行錯誤して編み出したと仰るパットの考え方がYoutubeにありました→「初公開!小平智のパター理論」

 

詳しくはご覧願うとして、要点を引用させていただきます。

 

1.パットを右手(主導)で打つか左手で打つか

  右手派:T・ウッズや尾崎将司

   (左)肩を閉じるとフォローが出しにくいので(若干)オープンに

  構えるとフォローがスムーズに出る。

  左手派:J・スピースたJ・トーマス

   (左)肩を閉じたほうがフォローが出しやすい

 

2.グリップは右手3本指(中指、薬指、小指)の付け根で持つ

 

3.前傾

  起こすと体はローテーション

   (軌道は円弧になるので)ピン型に向いている

  深く構えると軌道は振り子型になるので、マレット型に向いている

   腰が深く脇も締まるので、ボールを真上から見れる

 

以上、私(Green Keeper)が意訳してるところもありますので、ご容赦ください。

ーーーー

右手主導か左手主導かは各自の身体特性が決めるものですが、芝草順二さんもその著書「パッティングの教科書」で、やり方については述べておられます。

これってすごく大切なことだと思います。

自分の身体特性が分かっていると、右手主導か左手かが明確になります。

私は左手主導と信じていましたが、ある時右手主導の方が楽だと気が付きました。しかし、オープンにするのは未だにできません。

 ちょっと深めに前傾すると、右手主導のストロークでも、それなりにスムーズにフォローが取れます。

 

いつもご協力頂き有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。