ANAopen最終日 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

5人によるプレーオフは史上初だったそうです。

-16で並んだのは浅地洋祐、S・ノリス、嘉数光倫、S・ハン、時松隆光でした。

 

プレーオフ1ホール目で浅地が一番近くにつけ、時松とS・ハンもバーディーチャンスと言えるところに載せていましたが、二人は外し、1m強のスライスラインを真ん中から放り込みました。

これは決してやさしいラインではなかったです。

 このラインは本戦最終ホールに浅地が乗せたパーパットとほぼ同じところだったので「ラインは分かっている。入りそうだな」と冷静に対処したとは浅地のコメントです。

とてもイップス歴のある選手には見えませんでしたが、それだけ練習やメンタル面で鍛えているのだな、と感じました。

 

浅地はパットイップスを克服して「ダイヤモンド杯2019」でツアー初Vを上げていましたので、これでJGTO通算2Vです。

この初V後はパットが冴えず、この試合でもトップ10に入りたいと思っていたと(正直ですね)。初日はパットもさえずに65位Tの発信でしたが、2日目以降はパットが甦りました(33位T)、3日目は11位T。

4日間平均パット数は1.7000(ランク12位)。

 

賞金ランクは堂々の2位。

石川遼を逆転しての賞金王ってあり得ますね。

小兵を応援しています!

ZOZOにも出場権獲れそうですね、チケット買ってますよ。

 

いつもご協力頂き有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。