ショルダーパッティングAのやり方 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

「ショルダーパッティングでも」に続きます。

 

A.肩を首の後の付け根を支点にして回転(上下)する

 

このように肩を回転するには、アドレスで左肩を上げると行いやすい。

 

普通にアドレスすれば、右手を左手より下にずらしてグリップするので、左肩が少し上がるが、意識して、もう少し左肩を上げるとよい。

 また、背筋は、ピンと伸ばさずに、背中を少し丸めたほうが良い。

前傾も強くしないほうが良い。

 

このようにアドレスすると、首の後も付け根の支点を意識しやすくなるが、意識しやすいアドレスをすることがポイントである(*1)。

 

肩を上げ、背中を丸めたアドレスをすると、脇が締まりにくくなるが、脇が締まらないほうが、肩だけを回転しやすい。

 

また、左肩は、グリップの他に、球の位置によっても上下する。

球が右なら左肩が下がりやすく、左にすれば、上がりやすくなる。

ーーーー

 

*1:アドレスよりも、更に前段階としては、A~Dの中でどれがパッターにとって一番意識しやすいか、ということが最も大切なことだと思います。

日頃やスタート前練習を始める前に、ご自分のストロークを意識することで、1日の良いパッティングの始まりを予感することになると思います!

 

いつもご協力頂き有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。