核心 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

ゴルフ「80を切る!」日記に、高野さんの「パッティングの核心」という記事があります。

一部を省略して引用させていただきます。

詳しくは原記事をご覧願います。

 

ーーーー

パッティングの練習で悟ったことがある。

 

それは

パターヘッドのスウィートスポットでボールの真ん中を打つと、成功率が高い

ということ。

 

よく云われる「頭を残せ」とか、私の「残像を見よ」なんてtipsは実は本末転倒で、ボールの真ん中を打とうとすれば否応なく頭は残り、残像を見ることになります。何をおいてもスウィートスポットでボールを打つことに専念すべきです。

 

眼(まなこ)をくわっと見開いて親の仇のようにボールの一点を凝視し、そこにパターヘッドを戻す。

 

これはストレート・ストロークであろうが、アーク・ストロークであろうが同じことです。

 

一度試してみれば、いい加減なストロークとの差は歴然です。

ーーーー

 

パターの芯(重心)でボールの芯(重心)を打つことの大切さが伝わってきますね。

そして、この練習を宅練などで続けていると、現場では距離勘に専念してストロークできるようになると思います。

 

いつもご協力頂き有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。