CATladies最終日 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

浅井咲希の初Vで幕を閉じました(-10)。

 

黄金世代の活躍は凄まじいですね!

浅井の初Vは完全V。この世代の活躍は留まるところなしって感じです。今季Vは河本結、勝みなみ、渋野日向子、原 英莉花、小祝さくらに次いでなんと6人目です!!

 

1打差の2位は穴井 詩。更に1打差の3位はイ ボミ。

更に1打差の4位に蛭田みな美と柏原明日香。

更に1打差の6位に上田 桃子でした。

 

#13(パー5)で〇とした穴井 詩に並ばれました(-12)が、#14ではその穴井が≒1.5mのパーパットを右に外して△。

対して浅井は#15(パー3)で第3打目を上≒3につけて、これ(下りのスライス)を決めて〇としています(-11)。これは難しいラインでしたがカップ左側(7時方向)から入れてます。

いわゆるプロライン側からのカップインでした。

パットのスキルの高さが窺える〇でした。

 

一方の穴井は#16でも、左下≒8mのバーディーパットを右奥≒8mに外し(ここはカップまでは↑でカップすぎると↓)、返しの↑パーパットを左に外してまたもや△。

 先週優勝した時(→「NEC軽井沢2019」)には、荒っぽかった穴井のパットは丁寧になったと褒めましたが、こういうところは未だ粗さが残っていた?かもです。

これが穴井の敗因とも言えます。

しかし、#17(パー3)では右下から≒3mを決めて〇とし-9まで戻しました。

 

浅井の#18(パー3)では珍事で一時は穴井と並ぶのでは?!と思わせる瞬間がありました。

 右下≒5mからのバーディーパットを≒50cmに寄せ、慎重にラインを読むまでは良かったんですが、打ち急ぎましたね。

あれだけ丁寧に取り組んでいたので、まさか!でした。

外して残りは1.5mの↑のボギーパット。

 これを外したら穴井とのプレーオフということになりますが、ここは丁寧に返して決めて△に踏みとどまりました(-10)。

 

浅井のパットの特徴は

どっしりとした下半身で少し広めのスタンス。見るからに軸が安定しているという印象を与えます。この構えは畑岡 奈紗を思い起こさせるように感じました。

そして、右手をクローにグリップします。

この試合のように高速グリーン(≒12feet)の微妙なタッチに対応しやすいグリップと言えます。

 

浅井はJLPGAツアーでは今年のリゾトラの7位が最高フィニッシュでしたが、この試合ではあれよあれよという間に完全Vですから驚きです。

 

単独3でフィニッシュしたイ ボミ。

3位でのフィニッシュは、2017年ダイキン以来ですから、2.5年振りの上位フィニッシュです。

復調が期待されていましたが、本物だと良いですね。

 

4位フィニッシュの柏原明日香はこの日前半の勢い(5〇ノー△)では初Vもありかと思わせましたが後半に失速でした。

 かつての穴井のようにショットは切れ切れですが、パットに未だ甘さがあります。距離勘を磨けば強い選手に成長すると期待しています。

 

いつもご協力頂き有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。