天秤のように | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

アマの多くが勘違いしていると、内藤雄二さんは以下のように指摘しています。「内藤雄士のシンプルゴルフ」(内藤雄士著 日本経済新聞社刊)より略して引用させていただきます。

 

ーーーー

(パッティングのストロークで)アマの多くの方が勘違いしているのは、手を左右に動かして打つように思っていること(*1)。

 肩を動かさず、腕だけでパターを押し出すようにボールを打っている。

 

それでは打点も狂うし、ロフトも変わってくる。

ウッズも体調が悪いときは体幹がしっかりしないため、手打ちになっている。

 

イメージとしては両肩をシーソーか天秤のように上下動させてストロークする。胴体全部がローリングすると思えばよい。

 

肩だけでなくへそも一緒に動く。グリップエンドは常に体の中央を指す(*2)。

手は胴体の動きについていくだけ。

体重の移動はしない。

ーーーー

 

そもそも手は器用だし、パターは軽いわけですから、手を使う方が自然なことは確かですが、ストロークの軌道やインパクト条件の再現性という点では肩の上下動だけで行うのが正解です。

 

 私もこうしているつもりですが、それでも狂ってきます(手を使う)。

それが分かるのは、5mのボール当てドリルで方向性が悪くなるからです。この場合は意識して肩の上下動でストロークすると方向性も良くなります。

 

*1:肩で動かす(手で動かすと思ってない)方も、手で打っていたころの後遺症?がいつまでも残るのがゴルフのスキルの難しいところだと思います。

 

*2:へその動きということと、グリップエンドが常に体の中央を指す、ということは意識しないほうが良いと思います。

 これをやると、(内藤さんも最後に指摘している)「体重移動はしない」ということが難しくなります。肩の上下動に専念して手首を捏ねないことの方が大切です。パッティングでは両膝をブロックさせるくらいに軸をしっかりと保持することの方が重要だと思います。

 

いつもご協力頂き有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。