驚くほどパットが入る | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

1m先のボールに当てる練習でショートパットが良くなった、というのは武尾咲希(ツアー未勝利ですが、今季スタジオアリスで2位Tでフィニッシュ)です。

 

「週刊パーゴルフ」(2019年NO.17)から引用させていただきます。

 

ーーーー

短い距離で自分の思う通りにボールを出せずに悩んで始めたのが、1m先のボールに当てる練習。

 やっているうちに、スタンスより少し広い振り幅なら必ず当たることに気付きました。

 それなら距離に関係なくその振り幅で振り、距離勘(原文は感)は振るスピードや力加減を変えて出す。

 これを実践したら、驚くほどパットが入るようになりました。

ーーーー

 

練習してるといろいろな気づきがあり、その気づきというのは人から教えてもらうより記憶に強く残り、且つ忘れにくいですね。

パットの練習というのは、与えられたスキルに習熟するということも大切ですが、気づきを与えてくれるという意味で、もっと大きな意味を持っていると思います。

 

いつもご協力頂き有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。