上から打つ | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

「ゴルフのインパクトはすべからく上からである」

最近は聞かれなくなりましたが、、、。

 

これってやってみるとなるほどと思わせる言葉ですね。

 

しかし、長いこと忘れてました(笑)。

でも、上級者の方はこういう言葉を使わなくても出来ているんですね。

先日ある方に持ち掛けたら「図星!」と言われました。

これは一種のフェースコントロールだと思います。

 

で、ショットの話はここまで(笑)。

 

パットでも同じかも?!と恐ろしいことを考えました。

やってみて良ければやる、良くなければやめればいいだけのこと(爆)。

実際にヘッドがそう動いているかどうかは別で、そのイメージでストローク。

「上からインパクトの意識」

転がりが良くなりますね。

この意識を持つと「突く」(→「ボールを突く」)のと同じ効能があるように感じました。

ルックアップ防止にも効くように思います。

 

よく指導者は「フォローを低く」と仰いますが、それと同じで、そうする意識でストロークすることでルックアップせずに良い転がりが得られるということのように思います。

 

お試しの価値はあると思います。

 

いつもご協力頂き有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い。「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。