ボールの残像を見る | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

ルックアップを防ぐにはヘッドが通った後でもボールの残像を見るというやり方を「ゴルフ『80を切る!』日記」の高野英二さんがお薦め厳選tipsの中で記事にしておられます。

 

外部からはダイレクトに該記事にアクセスできないようですので、略して引用させていただきます。

ーーーー

「頭を残せ」、「ルックアップするな」という御題目は知っていて、ちゃんと実行しているつもりなのにそうならないことが多い。パットのミスが何度か続いた後、「おれは本当に頭を残しているだろうか?」と疑問を感じました。ボールが左に逸れるミスの多くは、(早く結果を見たいという誘惑から)頭をターゲット方向に向けようとして肩を左に向け、それに引き摺られて手・腕がパターフェースをクローズにするせいのようです。

ルックアップ防止のtipはいくつかあります。(割愛させていただきます)

[Afterimage]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回私が考案したのは、《ボールの残像を見る》という方法。ストローク直後、ボールの残像を得るまでボールの位置を注視する。残像を見るためには目を凝らし、ボールのイメージを目に焼きつけなくてはなりません。何かに目を凝らした場合、頭はそう急には動かせないものです。左のアニメのように残像はくっきりとは見えないかも知れませんが、見ようと努力することが頭を静止させるので、それだけでこの作戦は大成功なのです。

しかし、これも全力を傾注しないと結構難しい。「残像を見るぞ!絶対見るぞ!」と決意しないと、ぼやっとしかボールを見ていなかったりします。それは誘惑に負けやすい状態です。パットには成功しなくても、残像が見えたら自分を誉め称えるというような報奨制度が必要かも知れません。

「残像を見るストローク」によって、私のバーディ達成率が増えつつあります。このテクニックは【難度C】ぐらいかも知れませんが、かなり強力な武器になりそうです。これはパッティングだけでなく、全てのショットに適用出来ます。

ーーーー

 

昔、岡本綾子はショットでは(ルックアップを防ぐために、とはご本人は言っておられなかったですが)、クラブヘッドがインパクト後に「芝を切りとってゆくのを見る」と仰っていたことがあります。

 これも同じ考え方ですね。

慣れるまでは難度の高い方法ですが、本気で上達したい方はこれに取り組んではいかがでしょうか。

 

という私Green Keeperはパットではいろいろ苦労の末に、ルックアップせずにストロークできていますが、最近アプローチではこれが出来ていないことに気が付きました。今はほぼ身に付いています(笑)。

 

いつもご協力頂き有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい方にお願い。「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。