フェースコントロール | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

ショットでは誰でもこのことを意識しておられますが、パットではこのことに無頓着な方多いです。

 

長いこと私Green Keeperもそうでした、というより考えてもみなかった(笑)。

 

先週のモンダミン杯では、「パターのフェースが開いたまま」(樋口久子の解説)インパクトして、菅沼奈々のパットは右に出ました。

 

ショットではダウンの途中で意識的に右掌でフェースを被せますが、パターではこれは危険を伴うと思います。

 

ではどうするか。

トップで間をつくることでクリアー出来ます。

自分のテンポが守れていれば、フェースが開いたままインパクトすることはありません。フェースコントローは意識しなくても自分のテンポを守れるストローク、「間」を取るようにするのが正解ではないでしょうか。

 

ここでも「速いはミス、遅いはミスらず」という鉄則が生きています。

 

いつもご協力頂き有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い。「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。