ダンロップ福島最終日 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

強雨によるとは言え、ファンにとっては残念な最終日の中止でした。

 

で、3日目に首位にでた星野陸也のVとなりました(-20)。

2打差の2位は秋吉翔太。

更に2打差の3位にはJ・ジェーンワタナノンドと岩田寛。

 

星野は「フジサンケイ2018」以来のJGTO2勝目です。

 その時は完全Vでしたので、3年目で凄く力をつけたな、と驚いたものでしたが、1年足らずで2Vとはやはり強さは本物って印象を受けました。

ご本人は「雨の予報のなかで首位(の最終日)スタートはチャンスだと思っていた」、「自分は最終日に強くてスコアを伸ばせるほう。自信はあった」そうですから、自他ともに実力を認められているといえます。

目標にしていた、今季前半での2勝目が実現出来て「すごく嬉しい」そうで「賞金王争い」にも意欲を燃やしています。

 

パットも上手くなりましたね。

パター長さを変えたり、グリップの太さを変えるなど、自身の工夫も取り入れて、現時点での平均パット数ランクは1位(1.6950)。

 昨年は1.7742(ランク24位)でしたから、パットが飛躍的に上達したといえます!

 

最終日は秋吉翔太とJ・ジェーンワタナノンドの3人の最終組が実現したら、ファンにとっては最高に楽しかったと思いますが、、、。

 

その秋吉翔太もパット良かったですね。

この試合3日間の平均パット数は1.4737でランク1位。

 

いつもご協力頂き有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い。「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。