背筋力 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

ゴルフでは背筋力が大切なのか腹筋力が大切なのか?

答えは両方大切だというのがGreen Keeperの見解です。

 

但し、どちらに意識を置くかは人それぞれで良いのかな、と思います。

成長過程の私は時々逡巡します(笑)。

 

先日、飛ばし屋さんの後ろの打席から見ていたら、スイングの軸がぶれていませんでした。背骨が反るくらいにアドレスしてそれがフィニッシュまで変わらないのが、この方の飛ばしの秘訣だと理解しました。

 

なので、良いことは直ぐ真似るという性格からやってみました。

別にヘッドスピードが上がるわけじゃないですが、ミート率が高くなり、距離も出ますね。

なら、パットにも使えそう!

ということで、意識的に(腹筋よりも)背筋に注力してパットしてみました。勿論、背骨が反るくらいの意識です。フィニッシュまで力感を変えずにストローク。

 

これって良いですよ!

私にとっての新車効果かもしれませんが、毎朝のパタ練では確りした芯を捉えたパットが出来ます。

 

特に、腹筋力が生きてない日(腹筋に思うような力が入らない日)には腹筋力による軸維持の代替力になっているように思います。

 

いつもご協力頂き有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい方にお願い。「いいね!」に優先してこちらにご協力をお願いいたします。