ハンドファースト | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

PRGRレディースを6位Tでフィニッシュした大城さつき。

 

「週刊パーゴルフ」(2019年NO.12)にこんな記事がありました。

一部を引用させていただきます。

 

ーーーー

ハンドファーストに構えたら狙ったところに打てた

 

パッティングのとき、狙ったところに打ててないと思っていたら、キャディさんに「ハンドレイトになっているよ」と言われました。

 そこで、ヘッドよりも手元が目標方向に出るハンドファーストに構えて打ったら、狙ったところに打てるようになっただけでなく、ボールの転がりも良くなったんです。

ーーーー

 

ハンドファーストに構える典型例はP・ミケルソンです。

極端に(有り得ないくらいに)構えますが、フィルの場合はパターのロフトも大きいんですね。全米OPENでは何度のロフトだったのでしょうか。

 

大城のようにハンドレートに構えるってミスは、転がりの理論を知っているとあり得ないですね。

「理想の転がりを得る打撃条件」

 

いつもご協力頂き感謝してます。

今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。