やり方はいろいろ | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

上田桃子はユ・ソヨンのパットや姿勢から学び「軸の流れない」ストロークを開眼しました(ほぼ断定できると思います)。

 

ユ・ソヨンを見てその素晴らしいストロークに気付くという感性も素晴らしいですが、それを2年間かけてやりのけるというのも凄い意志力ですね。こうなるとパットはスキルどうのというよりも意志力次第!(笑)。

 

結果的に上田は目線を切らないことで、軸の流れを防いでいますが、やり方は人それぞれだと思います。

 

堀琴音は頭からボールをぶら下げてパター練習(PRGRレディースの時です)をしていたそうです(「週刊パーゴルフ」2019年NO.12)

紐の先にボールを3個(櫛団子状に)つけて、それをキャップのツバにクリップで留めて垂らす。

 頭が動けば、それに応じてボールも動くので、ボールが動かなければスムーズなストロークが出来ている証拠。

「すごく集中して、正しい動きを反復練習できます」とご本人。

 

やり方は随分クラシックですが、軸が流れるとボールが動くわけですから、分かりやすい方法です。集中しないとボールは動いてしまいます!

 

琴音さん、シード復帰目指して頑張って下さいね!!

 

いつもご協力頂き有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。