コアパッティング | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

コア(体幹)が大切なことは分かっているんですが、、、、。

 

コアを使ったパッティングをウリにしているのは「サイエンスゴルフアカデミー」さんです。

主宰する北市秀男さんは次のように仰います。

ーーーー

ボール自身がズンズンとカップに向かい、まるで自分の意思で回転を繰り返して進んでいくような推進力。同伴した誰かのパットで。またはトーナメント観戦した時、プロがパッティングしたボールに、そんなものを感じたことはありませんか?

 

コアパッティングの「コア」とは体幹のことです。

 

私が提唱するコアパッティングは、一般的に言われているような下半身をガッチリ止めて打つパッティングではなく。むしろ、体幹を使っていくことで、パターヘッドをストレート to ストレートに動かすパッティングスタイル。その結果打ち出されたボールは、動画のように無回転スリップゾーンがほとんどない。打ち出しから順回転がかかった、駆動力に満ち満ちたボールになるのです。

ーーーー

 

体幹を使うって難しいですね。なかなか意識しずらい体の部位だからだと思います。

 

でも、プロとなるとそれが出来るんでしょうね。羨ましい!

私のやり方は下半身固定ですが転がりは良いですよ。

北市さんのおっしゃるように、打ち出しから順回転のかかったボールの転がり。

「理想の転がりを得るストローク」

力学的に証明できる唯一の転がり理論です。

 

いつもご協力頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。