下から握る | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

掌を上に向けて握るとリキみが消えるという記事を紹介させていただきました。→「掌を上に向けてグリップ」

 

自然にグリップすると真横から掌を当てるようなことは無く、かと言って掌を真下から当ててグリップするようなこともない、と思います。

多くの方を見ていても、これらの中間くらいです。

 

で、意識的に掌を上に向けてグリップしてやってみました。

ストロークが安定します。

力みがなくなるというよりも、ストロークが安定します。

何故なのか。

腕や肩の力感を意識しながらやってみて気が付いたことは

このようにグリップしていると、自然に前腕の内側の筋肉が働いていることが分かります。

 前前腕部というのでしょうか、この部分の筋肉が自然に働いて上手くパターを支えてくれています。

なので、ストロークにおけるインパクトの再現性が高まるのだと思います。

 

掌を完全に上を向けるのに違和感のある方は、今までより心持ち下から握るというイメージが良いかも、ですね。

 

いつもご協力頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。