嫌な感じのするとき | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

先日の私のミスをご報告します。

 

1.5mのきつめの下りのパーパット。

風が少し吹いていてアゲていました。

大した風ではない(≒3m/s)ので、入り口が狭くなることのことでもないとピンを挿したままパットしました。

 

実は実打に入る前に、ピンは外した方が良いんだろうな、という考えが頭を過りました。しかし、私が最終パッターだったので、早く切り上げたいという思いから、そのまま打ちました。

その時の距離勘はジャストタッチとしました。入り口が少し狭まっているという思いからこれ以外にないと。

 出球は狙い通りなので、成功!と内心思ったのですが、結果は左に切れてカップ脇に止まりました。

カップ周りの微妙なライの影響を受けたと思います。

パーの目論見が△(泣)。

 

ピンを抜いて、ピン下50cmに止まるくらいのタッチでパットするのが正解だったと反省しています。

 

ショットでもそうですが、嫌な感じのするときは仕切り直しをすべきですね。その感覚を吹っ切っておかないと、必ずと言っていいほど結果は悪いほうに傾きます。

 

ピン挿しパットが認められてから、だんだんと挿したままのパッティングが増えているように思いますが、今回のように入り口が狭くなっているライや風向き次第ではピン挿しが必ずしも良いとは言えない場合があるので、注意が必要かと思います。

って、今回は全くの私の単純なマネジメントミスでした(笑(泣))。

 

いつもご協力頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。