掌を上に向けてグリップ | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

掌を上に向けて握るとリキみが消えるという記事ああります。

→ALBAの「讃岐のヒデキ30パットへの道4」

 

要旨を紹介させていただきます。

ーーーー

私が教えるグリップは両手とも下から握ります。

成田プロも“すごく下からですね”と驚いたくらい。

握り方とセットでパターのライ角通りに構える方法があるのでやってみてください。

 

まず、ヒジを曲げて胸の前で手のヒラを上に向けて握ります。
そのとき、ヘッドの重みで手首を甲側に曲げると両ワキは軽く締まります。そのまま前傾するだけで、ライ角通りに構えられるんです。

しかも腕に余計な力が入らないので、体の回転で打てる。

 

なぜ両手のヒラを合わせた形で握ってはいけないのか? 

両ヒジが左右に張って肩に力が入りやすいからです。

アドレスでは手元が下がってパターのトゥ側が浮く。

結果、手先でヘッドを真っすぐ動かそうとするので、方向性も距離勘(原文は感)も合いません。

 

握り方を変えると最初は違和感があるかもしれませんが、だんだんとしっくりきてパットが良くなりますよ。

ーーーー

更に詳しくは上記リンク先へ。

 

ショットでもそうですが、「軽く脇を締めろ」と昔から言われてきていますが、初めはどの程度の力感で締めるのが最適なのかが分からず試行錯誤します。

 

ここで言われているやり方は自然な力感です。

私(Green Keeper)はこういう具体的なやり方が好きです。

 

いつもご協力頂き有難うございます。

マジポチお願い!!<m(__)m>。