前後10cm | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

アヤコさんこと岡本綾子は、パッティングではボールの「前後20~30cmはパターヘッドがストレートなまま」が理想のストロークと言っておられます(「週刊ゴルフダイジェスト」2018年NO.31)が、「せめて前後10cmはヘッドが目標に対してスクェアに平行移動する」とも仰ってます(「同」2019年NO.12)。

 

アヤコさんは同誌のなかでインツーインのストロークを否定しているわけではありません。

しかし、インパクトの前後ある範囲ではやはりストレートの軌道が必要だということですね。

 

何cmがストレートなんて意識する必要はないと思います。

「突く」(→「ボールを突く」)パットをすると、少なくとも前後10cmは真っすぐにストロークしていることが自覚できます。

 この「突く」というイメージ、パット上達に貢献してくれそうですね。

 

いつもご協力頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。