集中ゾーン | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

GDOのショートパットは”集中ゾーン”を決めておくというエイミー・コガの解説記事から省略して引用させていただきます。

 

ーーーー

(ショートパットが苦手で、カップイン率を上げるには?というアマの質問に対し)

ショートパットで意識していることは、とにかく自分の最適な間合いで最適なリズムでストロークを行うこと。

 そのためにはヘッド軌道に集中する幅(ゾーン)を、初めから決めて臨むようにしている。

 

1.“集中ゾーン”をスタンス幅に決める

  漠然とボールを真っすぐ打つことに集中すると、ボールにもヘッドにも意識が分散され、集中力が散漫にる。そこで集中するゾーンをスタンス幅と決めて、その幅の内側でのヘッド軌道に集中している。

 

2.フェース面をスクエアに保つ

 スタンス幅内では、フェース面はスクエアに、ヘッドがストレートに動くように動かす。フェースの開閉をなるべく抑え、真っすぐ引いて真っすぐ出せるようにストロークする。

 

3.左足の前でヘッドを止める

  フォローの動きを最低限に抑え、左足の前にヘッドが止まるように意識。ボールの行方を気にしてヘッドアップをしてしまう人に、おすすめの打ち方です。ヘッドへの意識をもつことで、自然と顔が上がらず、頭の位置をキープできる。

ーーーー

 

3.のヘッドアップ防止にも効くというのが良いですね。

やってみたら、なるほどと思います。

ショートパットの場合は、結果が気になり、必要以上に早くボールを追いかけてしまってストロークが狂うということが起こるので、そういう方は、左足前でヘッドを止めるというストロークが効果あるように思います。

 

長いパットの場合は、同じくエイミー・コガの「ラインの半分で素振り」が役に立ちますね。

 

いつもご協力頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。