スタジオアリス最終日 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

開幕以来日本人選手によるVは5連勝で終わりました。

 

エイミー・コガを1打差で追う申ジエが逆転でこの試合初めてのV、確か昨年までに2位が3回くらいあったですが、、。

JLPGA通算21Vとしましたが、30Vまでそう遠くないような印象を受けました。

 

#18(パー4)ではアプローチを寄せきれず≒5mのパーパットに挑みましたが≒20cmショートして△でしたが-9。

1打差の2位は菊地絵理香、武尾咲希。

更に2打差の4位には鈴木愛と熊谷かほでした。

 

申は#14(パー4)で≒1.5mのパーパットを右に外して△。

雨の影響でグリーンがかなり遅くなり、ツアー選手にとっては思い通りのパフォーマンスが発揮できなかったように思います。

 

それでも申はルーティーンを全く変えないで、それこそ涼しい顔でした。こういう場合、次のティーショットに少なからず影響するものですが、申のメンタルはびくともしなかったようですね。

 

#15(パー3)では真下5mへ乗せて上りのスライスを真ん中(6時)から入れて早速取り返しました(―9)。これで単独の首位。

 

#16(パー5)では第3打をピン上≒50cmへ乗せてスライスラインを7時から入れ-10。

 

この辺りになると、もう申のVが濃厚で、ご本人も自信たっぷりの様子でした。

 

申のパット。

特徴は遅いことにつきます(笑)。

LPGA(US)の賞金女王を経て日本へ参戦してから、申ジエのパットは全く変わっていません、遅いことも含めて。

パットのついては→「申ジエのパット1」「申ジエのパット2」

 

申はインタビューで

「残り試合も多いので、良いプレーをして賞金女王になります」と話していました。今季、手の付けられないような活躍が期待できそうですね。

 

しかし、プレーの遅さは何とかしてほしいものです。

 

いつもご協力頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ