ダイキンオーキッド最終日 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

途中ハラハラする場面もありましたが、2日目に首位に立った比嘉真美子が逃げ切りJLPGA初戦を勝ちました(この日+4の通算-5)。

比嘉は昨年の「バンテリン杯2018」以来のツアー通算5V。

 

3打差の2位には新垣比菜、穴井詩、エイミー・コガ。更に1打差の5位には福田真未、松田鈴英、申ジエでした。

 

終盤に向かい天候も悪くなり、FWやグリーンのコンディションが悪くなり、特にパットでは多くの選手が苦労されたようです。

 

終盤に向かい、緊張が高まる中、#16(パー3)の比嘉のパーパット。右≒1m。これが入ればV濃厚と読んでいましたが、右に外して△。

これってダメージ大きかったと思います(*1)。

しかし、続く#17(パー4)では左下からの真っすぐな≒1.5mを落ち着いて決めて取り返しました(-5)。流石にこの時はガッツポーズで、最終ホールのパーパットを決めた時には涙顔。TV観戦していた方は私を含めてウルったのではないでしょうか。

 

この試合で地元出身選手が勝ったのは宮里藍以来15年ぶりだそうです。比嘉ご自身は「ゴルフを始めてからこの試合で勝つのが夢だったので、凄く嬉しい」とコメントしていました。

 

*1:比嘉はアドレスに入ったら、躊躇しない選手ですが、この時は少し間があり過ぎたように感じました。

 

そして、ボールが1mくらい転がり出るまでは目線を切らないのですが、中野昌(RND解説者)は「目が動いていた」と話していました。

よく観察しているな、感心しました(笑)。

日頃は1m出てからボールを追うのですが、もともと1mしかない距離ですので比嘉はこういう場合のルーティンも確立しておくのが良いな、とこれは老婆心。

 

ようやく開幕。待ちどおしかったですね。

これから週末は在宅観戦に勤しみます(笑)。

 

いつもご協力頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ