ゲームの根幹が変わる! | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

ピン挿しパットが可能になって、ずいぶん強いパットでもピンに当てればカップインするようになりました。

「ピン挿し有利の検証」

 

その記事の中で「こんなんでいいのかなぁ?!あまりに恩恵があり過ぎるという(個人的な)疑問はありますが、ルールは上手く使いましょう(笑)。」と笑って済まそうとしましたが、笑い事ではないと血相を変えてる(?)方もおられます。

 

今季6試合に出場し、Vはないものの2位1回などトップ10フィニッシュ3回という上位常連を続けるA・スコット(2/23現在)。

彼の活躍の理由は→「アームロックとピン挿しパット」

 

そのスコットご自身がピン挿しに?を持っていることが報道されました。

「週刊ゴルフダイジェスト」(2019年NO.9)の記事を引用させていただきます<m(__)m>。

ーーーー

(ピン挿しパットがルールでOKになったことについて)

このままでは「ホールに入れる」から「ピンに当てる」競技になってしまう、と痛烈に批判。

ーーーー

 

私は恩恵があり過ぎると書きましたが、背景には伝統的なゴルフはピンなしでカップインさせるのがパットであり、それまでのパットとはデータの連続性がなくなるという背景があるからです。

これは以前の記事で「気象測器」を引き合いに出して取り上げました。

「ピンを挿したままが有利」

 

アンカリング規制では、あれだけゴルフの伝統にこだわってルール化したR&AやUGGAはどこへ行っちゃったんでしょうか?!

ついでに言うと、ピン挿しパットは今のところプレー促進には役立っていませんよね。

プレーファストが出来る方はピンが有ってもなくても速いし、遅い人はあってもなくても遅い!(まあ、これは時間が経てば速くなる可能性は高いですが)。

 

いつもご協力頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ