子供以下?!(追記あり) | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

マスターズに勝ったS・ガルシアが成長したな、と感じてJ・マッケイブさんの記事を紹介さて頂きました。→「ゴル友」

 

ところがまた狼藉を働き失格したと伝わってきました。

欧州ツアーで、失格を報じているのは「ガルシア失格」

失格裁定の条項はルールの1.2a(重大な非行)です。

 

条項は

コースをしっかりと保護すること-例えば、ディボットを元に戻す、バンカー をならす、ボールマークを修理する、不必要にコースを傷つけない。 この方法で行動しなかったことに対して規則に基づく罰はない。

 ただし、プレー ヤーが重大な非行をしたと委員会が考えた場合、その委員会はゲームの精神に 反する行動をしたことに対してそのプレーヤーを失格とすることができる。ーーーとされています。

 

これ、私はGolf Networkの記事で初めて知りました。

 

グリーンを傷つけてはいけないことは、子供頃から知ってる筈なのに、まだまだ半人前の子供ようなところがあると言われても仕方ないですね。

ご本人は「フラストレーションがたまり、いくつかグリーンを傷つけてしまった。反省している。このようなことは今後決してしないと選手たちに伝えた」とコメントしているそうですが、失格以上のペナルティーもありのような気がします。

今度やったら1年間出場停止だ!

 

我々はこんなことは誰もしないですが、他山の石と捨ておくだけでは気が済まないので記事にしました<m(__)m>。

 

追記(2019.02.07. 09:10)

B・ケプカは「子供みたいな行動はクールじゃない」と言ってます。

 

 

いつもご協力頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス