ホールアウトと大口径カップ | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

ボールがカップインしてそのホールのプレーが終了、当たり前のことですがホールアウトと言いますね。

 

しかし、仲間内では昔から「1グリップ以内はOK」として、ホールアウトを省略する例も多いですし、コンペでも同じローカルルールが摘用されることもあります(多いですね!)。

特に後者ではプレー促進に大きな意味があると思います。

 

しかし、これやり過ぎると、自身のゴルフにとって良くない場面も出るので上手く付き合う必要があるように思います。

 

即ち、パットの技量が落ちるということです。

私の友人にもいますが、「OKね!」と自分で宣言したり、(1グリップ以上でも)ピックアップしてしまったりといろいろアリです。

 それはそれでよいのですが、それに慣れ過ぎて、短いパットを外す場面が多いと思います。

 

便宜上の身内のルールに染まり過ぎるのは考え物と思います。

 

また、同じようにローカルルールでスルーザグリーンゼネラルエリアは「6インチリプレースOK」というのも付き合い方が大切です。こればっかりやってきたので、これが適用されない場合に、平坦なライなのに「打てない」という悲しい現実を持っておられる方にお会いしたこともあります。置き直すのがルーティンになっちゃってるんですね。

 

プレー促進で「ピンは挿したままパット可」が導入されましたが、スコアの一元性という点で私は疑問を持っています。

 →「ピンを立てたままが有利」

 

現状のままでプレーがそんなに速くなるとは思えませんが、プレー促進が行き過ぎると「カップを大きくせよ」なんてなりかねません。

 

いっそのこと、ゴルフそのものをいくつかのカテゴリーに分けて運営すれば、多くのゴルファーが速くプレーできるとファンも増えるように思うのですがいかがでしょうか?!

 

例えば、

大きなカップを使用するゴルフと従来通りのカップでのプレーは、例えば、大きいカップを切っておき、アダプターを挿すことで従来通りのカップ径のプレーもできる。1つのカップ切りで多くの人が楽しめるし、従来通りのプレーも楽しめる。午前中は従来径、午後は大口径カップ、とかです。

 

大口径カップでのコンペ。実際に行われているんですね。

「ポイゾン」さんが記事にされています。

「こんなゴルフも面白い」

 

いつもご協力頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス