順回転の出球 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

「2mオーバーのタッチ」に続きます。

 

ベテランの佐伯三貴もパット功者だとプロキャディの先崎洋之さんは仰っています。

ーーーー

(記事をそのまま引用させていただきます<m(__)m>)

 

「球の転がりが抜群にいいんです。ボールがフェースから離れた瞬間から、順回転で転がり始めるように見えるんです。

 とくに、ロングパットがめちゃくちゃ上手くて、全盛期の頃は傾斜さえ読めれば、どこからでも入れてくる印象がありました」

 

ーーーー

 

順回転で転がり始めるのは訳があります。

ボール位置、インパクト位置、ストロークの方向、ストロークのやり方を考慮すれば、出球がインパクトの瞬間から順回転で転がります。

 それが「理想の転がりを得るストローク」であり、それは完全に「理想の転がりを得る打撃条件」を満たしているからです。

 

このブログでも、佐伯三貴のパットについては何度も紹介させていただきました。例えば→「大切なのは2m」

パット練習の仕上げは、一般に短い(1mとか)を傾斜の全方から入れるかたが多いと思いますが、ショットとの調和、あるいはアプローチの寄せの精度とのバランスで、1mよりも2mの方が現実としてはより意味があるというものです。

パット功者の佐伯の言葉、説得力がありますね。

 

いつもご協力頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス