女子プロの練習1 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

スタート前にプロがどのような練習をしているかはとても参考になりますので、ツアー観戦では練習グリーンに張り付いていることが多いGreen Keeperです(笑)。あ、昨年のJTカップの練習については記事にするの忘れてました(泣)。

寒い時期は、パットの練習をやってからショット練習に向かい体を温めたままスタートホールに入るというのが良いと言われてますが、先にパット練習をしてからショットの練習、スタート前に再びパット練習をするという選手が多かったですね、JTカップでは。

 

女子プロがどんな練習をしているかの記事がありましたので、「週刊パーゴルフ」(2018年NO.34)から省略して引用させていただきます。

ーーーー

青木瀬令奈

テークバック軌道上(外側)にヘッドカバーを置いてストローク練習

手首を使ってアウトサイドにヘッドを上げてしまうのが私の悪い癖。

それを防ぐためにパターのヘッドカバーをトゥ側に置いてヘッドがアウトサイドに上がらないように矯正しつつ背骨を中心にした回転でストロークするように意識して練習。

 アウトサイドにヘッドが上がるときは手首を使っていることが多い。

   こうなると出球が左右にばらつくミスに

 背骨を中心にして体で回転することが理想。

   パットの調子が悪い時は手首で上げている

   敢えて背骨を意識することが大事

 

ーーーー

私も初心者の頃は、テークバックでアウトサイドに上げてしまい、真っすぐに上げるのに苦労しました。

 それにしても現役プロもこういうことがあるんだと驚きました。

手打ちってやつですね。

これ慣れるまでに時間がかかりますよね。

でもこれがクリアーできるとあとは真っすぐにストロークできますので、初心者の方は暫くは意識して練習を続けると良いですね。

 

いつもご協力頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス