見えない曲がり | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

アヤコさんこと岡本綾子がたった1打のパットが外れてメジャーVを逸し(→「視認できなくても」)、試合後帰路についても納得できなくて、グリーンに戻って確認したが、外した原因は分からず仕舞いということがありました。

また、これが入ればプレーオフというパットの1打が弱フックでなく微スラになって外れた例もあります→「セントリーofチャンピオンズ最終日」

 

私の練習グリーンは事務所共用部のカーペットで≒9フィート(スティンプ値)、練習の1つとして毎朝5mを転がしていますが、ある時4.5mに止めてみたところ、左右に分かれました。

図で、下から上方向への転がしです。いつもはこの先(上)50cmを狙いますがこの日はカーペットの境界が目標で⊥の交点(小さく黒点マジックしてます、これ内密!)を目指しての転がしでした。

何故左右に分かれる?!この理由が分かりません。このカーペットは見えない傾斜があることは承知していますが、ここにもどうやら見えない分水嶺があるとしか、ほかに考えようがないです。

 

日頃はこの上を通過しているときには、曲がりません。それはここより先50cmを目標にしているからで、分水嶺を通過するときにボールは未だ速いので、その影響を受けないのだと思います。

 

こういう事象に当たると、アヤコさんの見えなかった曲がりということも肯けますし、速いグリーンの難しさ(転がり速度は遅い)ということも理解できます。

 

そして、こういうこともあると承知していれば、重要な場面でパットが外れたとしても後へ引きずらない気持ちの切り替えが出来るように思います。

 

いつもご協力頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス