パットで池ポチャ | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

昨年末にショックなインスタ動画が紹介されました。

ご覧になった方が多かったと思いますが、珍しい事例で衝撃がおおきかったようですので、引用させていただきます。

 

昨年2月フェニックスOPEN初日。

#17(パー4、348yds)でO・シュナイダージャンズは1オンに成功。

しかしイーグルパットは20mを超えていたそうです。

 

しっかり打ったパットはカップ左を抜けてアレヨアレヨと池まで。

確かに強すぎた出球の感じですが、、、。

「頼む、止まってくれ!」

 

第3者が見てるとパットの距離勘は強すぎるとか弱いとか分かりますが、本人は分かりにくいですね。

 

よそから見てると、転がりスピードの速さと減速具合から一瞬で判断できますが、それは結果を横から見ているから、簡単に判断できますが、パッターはイメージが良くできていないと、タッチが合わないということが起きます。

 

シュナイダージャンズはかなりの飛ばし屋(飛距離304ydsでランク33位)ですが、パットを含め他のSTATSに輝いたところは見られません。

 

今年度は距離勘を磨くのが上位進出のカギになるのではないでしょうか。

 

いつもご協力頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス