ナビラインの太さ | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

プロでもボールにラインを引いてナビラインに使う選手が多いですね。

 

そのラインを太くすることで効果があったと「ゴルフ『80を切る!』日記」の高野英二さんが書いておられます。

「ターゲット・ラインの拡大」

 

ボールに描いた細い線だと、つい精密に狙おうと時間もかかるし神経質になるので線を太く描き、それを使った最初のラウンドではパット数=25、次のラウンドではパット数=26と好結果を得たという記事です。

 

高野さんの記事中に登場するジャッキィ・バーク二世はPGAtour通算16V(マスターズ、全米プロを含む)で、現在もご存命(92歳)だそうです←WIKIPEDIAによる。

 

ラインを太く、というのは、パットのラインを読むときにイメージするラインの太さにも同じことが言えそうですね。

 私の記憶では藤田寛之はラインを太くイメージするのが良いと仰ってます。

 

あ、私のナビラインは太くも細くもないです。

「ブログランキング」のプロフィール写真。
メーカーの入れているラインは短く細いですから、自分で少し太くしてます。

 

いつもご協力頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス