リコー杯最終日 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

相変わらずここぞというときの申ジエは強いですね。

 

首位のペヒギョンを3打差で追う2位Tでスタートでしたが、この日5〇1△と4打伸ばし、#15(パー4)のピン下≒50cmを決めて〇で並び#16(パー3)ではピン上≒1mを入れて〇、これで逆転(-11)。

 

この時点では、鈴木愛が-11で首位Tでしたが、鈴木が#18(パー4)でパーパットを外して(*1)後退(-10)。

 

#17(パー4)でペが上≒1.5mを決めて〇(-11)。

申とペのプレーオフ1ホール目は

ペの右ラフからのショットは左BKでここからの寄せは≒6m。

FWからの申は右≒8mなので先打で、バーディーパットはカップ縁。

ペのパットは入らず、申はパーに対しペは△で決着でした。

 

1打差の3位に鈴木愛と比嘉真美子。

更に1打差で5位に勝みなみ(-9)。6位アン ソンジュ(-8)。

7位に大山志保(-6)でした。

 

申ジエはこれで今季4Vで、うち3Vがメジャーです。

「サロンパス杯2018」「ゴルフ5L2018」「コニカミノルタ杯2018」

 

申のパットについては

「申ジエのパット1」「申ジエのパット2」にUPしました。

 

申の強さは一言でいうと「正確性」だといえます。

今季これまでのパーオン率=75.3358でランク1位。

         平均パット数=1.7646でランク4位。

         ボールストライキング=7でランク3位。

 

*1:≒1.5mの上りの弱スライスライン。カップ左縁に蹴られました。あれだけの強さですから、真ん中を狙うべきだったんだと思います、ストロークが速かったですね。このミスは悔やまれる1打でした。

 

JLPGAの今季ツアーが終わっちゃって少し寂しい感じがしますが、若手の台頭などあって来季も楽しめそうです!

 

いつもご協力頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。 

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス