分からなければ深めに読む | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

「スクエアにコンタクト」に続きます。

 

ーーーー

「傾斜をよく見てラインを読む。経験がいるが、いつでも傾斜を見ようと心がければだんだんに分かってくる。一緒に回っている他人のラインまで読むようにすれば(*1)、更にラインが分かるようになる。

 まずはどれくらいの登りか下りかを把握し、それからどれくらい右に曲がるか左に曲がるかを判断する。

 そうすることで、とにかくラインを決める」

 

ボブ・ジョーンズは好調の時は、誰かがチョークで白い線を引いたように、明確にラインが分かったと言っている(*2)。   (中略)

 

とはいえ、ジョーンズでも明確なラインを引けないこともあった。

「ラインが描けない時は、傾斜を大きめに見る。ラインを膨らませてホールの上に打ち出す。こうすると上側から入ることがあるからで、下側に打っては遠ざかるだけ、狙うならホールの上側だ」

 

これはプロラインに打てということ。

そのほうが入り口が広くなる。アマラインではホールの入り口が狭くなってしまう。

ーーーー

 

*1:これは皆様あまりやりませんが、やると勉強になります。

 私(Green Keeper)は先打の方によく呼ばれます。お手伝いですね。これが自分のラインの読みに役立ちます。私が2回パットするのと同じですから、2回目(自分)のパットのほうがより正確に読めるわけです。 他人のためは自分のため、です(笑)。

 

*2:パットの名手「Charさん」も本調子の時はラインが見えると仰ってます。この方は乗ったら1パット(←これは私の勝手な表現)というくらいパットが上手いです。

 

いつもご協力頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。  

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス