納得のいくパット | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

「芯で打つことだけ」に続きます。

ーーーー

中部さんはパットが入っても嫌な表情を浮かべることがあり、何でそのような顔をするか聞いた人がいて「ミスパットをしたから、入っても嬉しくない」と答えたそうです。

 また、パットが惜しくも外れた時に悔しそうな顔を見せなかったが「自分の読み通りにしっかりとパットすることができたから、入らなくてもかまわない」と。

 

「入るか、入らないか。パットはそのどちらでしかない。もちろん、いつでも入れたい。でも、いつでも入るものじゃないのがパット。ショートパットは外したくない。入れたい入れたいと思ううちに、いつしか手が動かなくなってくる。私はそうなるのが怖いんです。だから外れてもいいと思いたい。しかし、納得のいくパットだけはしたいんです。毎回、きちんとラインを読んで、距離感を確かめて、しっかりとストロークする。それができれば入らなくてもいい。そう思えれば、パットは怖くない。手が動かなくなるなんてことはなくなります。パットを楽しめるようになるんです」

 

たった1打で勝負が決まる。そんな厳しい世界にいたからこそ、中部さんはパットに心が支配されることがないようにしていたのだ。

 パットの怖さを嫌というほど知っていたのだ。

ーーーー

 

中部さんの達観の1つですね。

このような気持ちでいて、芯を捉えたパットに専念すると、入らなかった場合の原因がその場でわかるようになります。

ラインの読みが少し違ったとか、タッチが違ったとか、はたまた砂粒でボールが蹴られたとか、、、。

 そして、こういう経験を通して更にスキルが高まるということになると思います。まさにパットが楽しくなりますね。

 

 納得のパット。毎回、そうありたいものです!

 

いつもご協力頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス